どんな時に受診すれば良いの!?心療内科について紹介!!

気になる心療内科について

「心の風邪」と呼ばれる「うつ病患者」について認知が進み、心の病にかかった時に受診するイメージがある精神科や心療内科は以前に比べ「どんな診察を受けることができるのか」知っている方も増えてきました。しかし、具体的に精神科と心療内科の違いを知っている方は多くはないと思います。この記事では、心療内科についての紹介をします。誰もが心に負担を感じるストレス社会の中で、心が少し疲れてしまった時に参考になると思いますよ。

精神科と心療内科の違いは!?

心療内科と精神科の違いを知っていますか。心療内科は「心の病気がきっかけでめまいや下痢、肩こりや疲れがとれないなど身体にも症状があらわれた場合」に治療をする機関です。精神科は「心の病気によって強い不安感やイライラ、妄想や幻覚、幻聴などの症状が現れた場合」に治療をする機関です。心の症状をケアする必要があるのか身体の症状をケアする必要があるのかで受診する機関が変わってきますね。自身の症状と相談し受診することが大切ですね。

心療内科のメリットとは!?

心療内科を受診するメリットは、処方してくれる薬によって症状が和らぎ、精神的なストレスや不安感を改善していくことができることです。心の病気によって身体の調子が悪くなった場合、気持ちの持ちようでは一向に症状の改善は出来ません。適切な薬を飲み、十分な休息をとり、場合によってはカウンセリングなどを行うことで回復することができますよ。そのために、心療内科で自身の症状を医師に的確に相談することがとても大切ですね。

岡山の心療内科では医師による非常に丁寧なカウンセリングをすることで、ストレスなどが原因の鬱病の症状も和らげることが出来ます。